Javaエンジニアとして活躍することができていると、今は大丈夫でも将来的には本当に仕事があるのかという一抹の不安が生まれることもあります。IT業界のトレンドとしてよく用いられているのがJavaの特徴で、プロに求められるスキルセットを持っているエンジニアは広く重宝されているのは確かです。

ただ、いつまでもその状況が続くとは限らず、Javaよりも汎用性や機能性などが優れている言語が台頭してきたら仕事を失うのではないかという懸念が生まれるのはもっともなことでしょう。言語の価値が低下するリスクがあるのは事実で、Javaしか使えないエンジニアの場合には将来性を気にかけなければなりません。

しかし、Javaエンジニアとして現場で活躍できるレベルになっているなら応用性のあるスキルセットを身につけているでしょう。Javaをいかにして現場で活用するかという視点で様々な知識を身につけ、技術を習得して使ってきたことで今の状況が生まれています。そのスキルセットはJavaを他の言語に置き換えても使える可能性が十分にあるのです。

そのため最悪の場合、Javaから他の言語に乗り換えるという方法を選ぶことができます。Javaから他の言語に乗り換えた場合、今までの経験を活かせるので他のエンジニアに比べて優れていると捉えてもらえる可能性もあります。現在の需要から将来が不安ならJavaを他に置き換えても通用するスキルを学び、スキルセットとして捉えて将来価値を高めていくとよいでしょう。