エンジニアが仕事をする上で必要となるスキルセットのなかで、よく使われるのがJavaです。Javaとは、パソコン上でアプリケーションを作動させるためのプログラミング言語です。プログラミング言語はいくつかの種類があり、JavaはC言語やC++と呼ばれる言語に似た、次世代の言語であると言えます。様々な種類のあるスキルセットのなかでも、Javaは重宝されています。

Javaはオブジェクト指向の言語であり、言語をツールとして使うタイプの言語です。この事はJavaが汎用性を持つ一因となっています。言語を道具のように扱えるので、言語の入れ替えも容易にできます。仮想マシンというものを構築し、その中で動くようにプログラミングするので、パソコンのなどのOSに左右されることが少ないのも特徴の1つです。

ライブラリという言語の語彙も豊富にあり、大人数での作業にも向いています。セキュリティの強固さにも優れ、大企業や銀行のシステムにも採用されています。それだけ使われている場所も多いので、エンジニアのスキルセットとして価値があるのです。またJavaを覚えると、他の言語の習得もしやすくなるようです。

JavaはIT業界に限らず、家電のプログラムなどでも使われています。スマートフォンとの相性も良く、androidやiphonといったOSの違った環境でも重宝されます。スマートフォン市場は今後も拡大が予想されますので、Javaのスキルセットを持っていれば開発や設計で力を発揮できるでしょう。習得しておいて損のないスキルだということができます。