Javaはプログラミング言語の1つであり、需要が高い言語です。Javaが最も多く利用されている理由はOSに依存しないため、汎用性が非常に高いからでしょう。環境に依存せず、どの環境下においてもソフトウェアを動かせます。そのためさまざまなところで利用されているのです。

このJavaをメインにプログラミングを行う職種がJavaエンジニアです。Javaエンジニアは特にアプリケーション開発案件で活躍しています。アプリケーション開発ではJavaのほかに、SwiftやObjective-C、C#などのプログラミング言語も習得しておくと良いでしょう。基本的にこれらのプログラミング言語を駆使し、アプリケーションの開発を行っていくため、これ以外にもアプリケーションの開発を効率化できるスキルを取得し、スキルセットを組み合わせ、増やす事も重要です。

スキルセットの重要性は、仕事の幅を増やす事はもちろん仕事の効率化などにも繋がるため、仕事内容によってスキルセットの組み合わせを変える必要があります。例えば、アプリケーションの開発段階で、他のプログラミング言語やIT関連の資格などが必要になった場合、それらを取得しなければなりません。

すでに持っているスキルセットだけで、その経験や知識を目の前の仕事にのみ使用していると、仕事の幅や効率化に繋げる事はできません。しかし、資格を新たに取得し、過去に取得した資格と組み合わせれば、新たな仕事に繋げる事が可能です。